おせちのいわれ・歴史って何?日本人なら知っておきたい豆知識

かまぼこ

おせちの「かまぼこ」は紅白で縁起が良いというのがひとつ。そして目出たいとされる初日の出の形にも見えるということです。紅白で白は神聖な色、赤はめでたいこと、喜びなどを表しています。

 

くるみ

おせちの「くるみ」はもともとくるみの殻は固いものです。その固い殻が自分や家庭を守ってくれるという意味が込められています。また「くる実」の実るという語呂合わせから家庭円満に、という願いも込められています。

 

たつくり

ごまめとも言われるかたくちいわしの幼魚の乾燥品から作る。昔、かたくちいわしが献上米の肥料に使われたところから、五穀豊穣、子孫繁栄を願うものです。ごまめという名も、マメに暮らせるようにという願いです。

 

伊達巻

昔は書物や絵なんかを巻いて置いていた為に巻物の形に似ているので巻いてある伊達zが入れられています。カステラにも例えられるので卵を使った伊達巻になりました。

 

栗きんとん

栗金団は金の団子と表され、金塊や金の小判等に例えられ、商売繁盛・金運・財運をもたらす、という意味があります。豊かな一年を願い、おせちに入れられるようになりました。栗は勝ち栗と呼ばれ縁起がいいものとして扱われています。

 

紅白なます

おせちの「紅白なます」は蒲鉾と同様に紅白で縁起が良いとされることがひとつ。そしてお祝などで用いる紅白の水引きをかたどっていて、平和祈願と言う意味でも用いられています。

 

昆布巻き

昆布巻きは、「養老昆布」を「よろこぶ」と語呂合わせで読むことで、不良長寿の縁起物とされています。
また、ニシンを用いることが多いため、ニシンは卵をたくさん産むことから、子孫繁栄の意味もあります。

 

くわい

おせちの「慈姑」は大きな芽が一本出るということから、めでたいとされています。出世祈願などでも用いられました。また「快」かいをくわいと語呂合わせして年間を快く過ごせるようにという意味。

 

おせちの「鯛」は一番の理由は「めでたい」との語呂合わせです。あとは出世魚だったという事もあり、出世祈願や仕事の順調を願う意味でも使われています。
焼き物として出されますが、ブリを使う家庭も多くあります。

 

海老

おせち調理は,五穀豊穣,不老長寿,子孫繁栄,家内安全などのさまざまな願いを込めた祝いの料理です。
海老は長いひげや背が曲がっている姿から,不老長寿の象徴として用いられます。

 

黒豆

母に聞いた話ですと「まめに働けますように」との事です。
多分豆とまめをかけて、1年元気に働くことが出来ますようにとの思いをこめて、縁起をかついでるのではないでしょうか。

 

数の子

数の子は、もともとが、ニシンからたくさんとれる卵です。多く出ることから、健康であり子宝にめぐまれ、子孫をたくさん残していけるようにといった子孫繁栄の目的があり、おせちにはいっています。

 

錦玉子

錦玉子の錦は財宝や富の象徴を表している、家族皆幸せに暮らせるようと言う意味、黄身の黄色と白身の白は金銀を表わしていて縁起を担いでいる 2色を錦と語呂合わせしているとも言われる。

 

京都東山 東観荘

京都祇園・岩本のおせち

祇園料亭・道楽


おせちの詳細はこちら


おせちの詳細はこちら


おせちの詳細はこちら