おせち料理 数の子のレシピ!

数の子のレシピ! おせち料理は自分で作るとき

数の子

 

数の子といえば、子孫繁栄を願う縁起物としてお正月には欠かせません。
調理法は至って簡単ですが、ポイントは塩抜きの時間です。
あまり長く塩水につけすぎると苦味が出るので、6時間を目安に味見をしながら調節しましょう。
少し塩味が残る程度がベストです。
途中、1~2回程度、塩水を取り替えてください。

 

<材料>
① 塩抜き
・塩数の子 200g(4~5本)
・水 1リットル
・塩 小さじ1弱

 

②味付け用調味料
・だし汁 200cc
・みりん 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
・酒 大さじ1

 

<作り方>
1.塩抜き後、薄皮を丁寧に取り除きキッチンペーパーなどで水気を取る

 

2.②の調味料を鍋でひと煮立ちさせて冷ましておく

 

3.2で作ったつけダレに半日以上漬け込んで完成

 

<ワンポイント>
・盛り付ける時はお好みで鰹節(分量外)や木の芽(分量外)を添えると香りが引き立ちます。
・分量の覚え方は全て1の単位(1カップ、1リットル、大さじ1など)なので簡単です。
・少ないつけダレでもラップを落し蓋代わりに使うとしっかりと味がしみ込みます

 

 

2、昆布巻き

 

 

<材料>

・乾燥昆布 80g
・かんぴょう 20g

 

②味付け用調味料
・昆布の戻し汁 800cc
・酒 200cc
・酢 大さじ1
・みりん 大さじ3
・砂糖 大さじ3
・しょうゆ 大さじ4

 

1.ぬれ布巾で昆布の汚れをさっと拭き取り、800ccの水に昆布をつけておく

 

2.昆布が柔らかくなったら5~6センチくらいの長さに揃えて切る

 

3.かんぴょうを塩水(分量外)につけてもどし、柔らかくなったら塩を洗い流す

 

4.形が整うように昆布の切り口を左右の外側になるようにして2~3枚ずつ巻く
※この時一度に巻くと厚みが出て巻きにくいので、まず1枚を巻いてそれを芯にして2枚目を巻くときれいに巻けます。

 

5.巻いた昆布をかんぴょうで二重に巻いて結び目を作る
※火が通ると昆布が膨らむのでゆるめに巻くのがコツです。
※爪楊枝で昆布を仮どめしておくとかんぴょうがきれいに巻けます。
※お好みでにしんや鮭、鶏肉などを巻いても美味しくいただけます。

 

6.鍋に昆布巻きの結び目が下になるように並べ、②の昆布の戻し汁と酒、酢を加え、竹串が通るくらいになるまで中火で煮る

 

7.30分ほど煮込んで竹串が通るようになったら②のみりん、砂糖、しょうゆを加えて煮汁がなくなるまで弱火で煮詰めていく

 

3、黒豆

 

重曹や釘を使わなくても柔らかくふっくらと煮ることができます。
シワを作らないポイントは煮る時に空気に触れさせないようにすることです。
煮汁から黒豆が出ないように水分量を調節しながらコトコトと煮ていきましょう。

 

<材料>
黒豆 300g
①煮汁
水 9カップ
しょうゆ 大さじ1弱
砂糖240g

 

※水は豆の分量の6倍、砂糖は豆の分量に対して8割の計算です。
甘さ控えめがお好みの方は7割くらいにしてもさっぱりとした程よい甘さに仕上がります。
何度か煮てお好みの甘さを工夫してみてはいかがでしょうか。

 

<作り方>
1.黒豆をザルに入れ、たっぷりの水で優しく洗う

 

2.鍋に①を入れひと煮立ちさせ砂糖を溶かす

 

3.2に洗った黒豆を入れ、そのまま一晩つけておく

 

4.3の鍋を中火にかけて煮始める

 

5.沸騰してきたら丁寧にアクを取り、弱火にして落し蓋をし、その上にも蓋をする

 

6.そのまま吹きこぼれないようにしながら弱火のまま約4時間を目安にコトコト煮ていく(グツグツではなく、コトコトです!鍋の音にも要注意ですよ!)

 

※黒豆に限らず、煮豆を作る時は弱火で煮ることが失敗しないコツです。
※途中、もし水が足りなくなったら少しずつ足しましょう。

 

7.黒豆が柔らかく煮えたら火を止め、空気に触れないように蓋をしたまま冷めるまで待つ

 

8.保存容器に煮汁ごと移し替え、冷蔵庫で丸一日味を馴染ませる

 

<ワンポイント>
煮た直後よりも丸一日以上置いた方が味が落ち着きます。
それを計算に入れて早目に作るといいでしょう。